新しい治療法

歯

日本の首都である東京は情報、商品などあらゆる分野において最新のものが手に入りますが、それは医療分野においても例外ではありません。例えば、歯並びを良くする歯列矯正治療1つとっても、東京では地方ではまだまだ浸透していない「インビザライン」という、新しい歯列矯正治療が多くの歯医者さんで行われています。インビザラインは透明なマウスピースを装着し、歯を正しい位置へと動かしていくという歯列矯正治療の1つです。2000年代に日本に入ってきた新しい歯列矯正治療の方法ですが、東京には矯正歯科の専門医として活躍する歯医者さんが多いこともあり、比較的治療を受けやすい環境にあります。一般的な歯列矯正治療だと金属製の素材で作られた、矯正器具を装着することになりますが、インビザラインは一切金属を使っていないため、金属アレルギーを持つ人も安心です。

治療が終わるまでの期間

歯型

インビザラインでの歯列矯正を行った場合、歯全体をフルで矯正するケースでは治療完了までに約1年半から2年程度の期間がかかります。前歯のみなど一部分だけをインビザラインで整えるという場合は、少し治療期間が短くなり1年未満という短期間で歯並びが良くなるケースも少なくありません。マウスピースは定期的に作り直す必要はあるものの、通院する頻度は1ヶ月半から3ヶ月おきなので忙しい人もチャレンジしたすい治療です。仕事などで忙しい人が多い東京で歯列矯正を始めるという場合、通院のスパンが長いインビザラインを検討してみるのも良いかもしれません。

目立たないマウスピース型の矯正器具

歯型を持つ人

歯並びを良くしたいけれど金属製の矯正器具が悪目立ちるのが嫌で、なかなか治療に踏み切れないという人も多いのではないでしょうか。このように歯列矯正にマイナスイメージを持っている人におすすめなのが、東京など大都市圏の歯医者さんで行われていることが多いインビザラインという治療法です。インビザラインで使用する矯正器具は透明なマウスピース型なので、人前で喋ったり笑ったりしても口元は目立ちません。接客業やセールス業など人前で会話する機会が多い職業に就いている人や、口元の審美性が気になるという人におすすめの治療法となっています。

自由に取り外すことができる

歯型

メタルブラケットなどの、一般的な歯列矯正治療の方法だと1度つけた矯正器具は、自分の意思で取り外すということはできません。食事をすると矯正器具の隙間に食べかすが挟まる、ブラッシングがしにくくお手入れが行き届かないなどの不満を感じる人が多いようです。東京の歯列矯正専門医院で多く行われている、マウスピース型の矯正器具を使用するインビザラインの場合、自分の意思で自由にマウスピースを取り外せます。1日20時間以上装着するという時間さえ守れば、食事中や歯を磨くときなど簡単にマウスピースを取り外すことが可能です。マウスピースを自分で簡単に取り外すことができるため、食事のときの不快感やお手入れが行き届かないといった口の中の衛生状態が悪くなるといったことを解消できます。

広告募集中